*

養育費が欲しくてキャッシングを利用した小泉(仮名)さんの体験談

10代で結婚し子供も生まれましたが結局2年後に離婚、子供は元妻が育てています。
実は最近まで無職で実家暮らしでしたが、この度親戚の紹介で正社員として雇ってくれる会社に就職することができました。
同時に独立し、一人暮らしを始めました。
無職の時は養育費を親に払ってもらっていましたが、今度からはそうはいきません。
父親として責任を取らなくてはと思いこれからはきちんと養育費を払おうと思いました。

しかし、現実は甘くはありませんでした。
給料は悪くないのですが、一人暮らしを始めたばかりで何かと出費が多く、養育費を用意することが難しくなったのです。
絶対払うと約束したのにこのザマです。

そこで、消費者金融でキャッシングして養育費を払う事にしました。
本当は、一人暮らしになった途端キャッシングなどしたくはなかったのですが仕方ありません。
返済できると言う自信があったのでキャッシングを実行したのです。
さらにこちら(⇒主婦でも借りれるカードローンSK2014|内緒で申込めるのはここについて書かれています。
来月からは節約し、頑張って余裕で養育費を渡したいです。